良い水の飲み方

人間の体の半分以上を占め、私たちの体の中で栄養素や酸素を運んだり、有害物質を排出したりする重要な働きをしている水は、毎日欠かすことができないもので、健康維持のために毎日十分に摂ることが必要です。
こちらのミネラルウォーターランキングのサイトにも記載されていますが、体に良い水を選び、しっかりと補給することで日々健康に過ごすことができるのです。
その水の飲み方にも効果的な摂り方があります。
一度の大量に飲んでも体に吸収しきれないばかりか、胃腸に負担をかけてしまい、逆に健康を害することにもなりかねません。
少しずつこまめに摂るのが良いとされています。
ジュース、お茶、コーヒーなど水分補給として飲むものは水以外にもたくさんありますが、余分な糖分やカフェインなどを含むものは、体内に吸収される時間がかかりすぎたり、利尿作用で逆に水分を排出しすぎてしまったりということもあり、逆効果になることもあります。
やはり、水分補給には水が一番効果的であるといえます。
良い水を効果的に吸収するために、飲む時間やタイミン部を考えることがより健康効果を向上させるポイントです。
まず、朝起きたらコップ1杯の水を飲むことが重要です。
人間は寝ている間にもかなりの量の水分を失っています。
そのため、まず朝起きたら失った水分を補給する必要があります。
朝の水は水分補給だけでなく、胃腸を刺激して目覚めさせる効果もあり、食欲を増進させたり便通を良くしたりする効果も期待できます。
また、運動などで汗をかいたら必ずしっかりと水分補給をする必要があります。
汗をかくと大量の水分を失ってしまうので、この時に水分補給をしっかりしないと脱水症状を起こしやすくなります。
これは熱中症や脳梗塞へのリスクを高めることにもなります。
運動時は特にこまめに水分補給をする必要があります。
さらに、入浴前も水分補給をすると効果的です。
入浴前に水分をしっかり摂っておくと汗をかきやすくなります。
これは新陳代謝を促し、冷え性の予防やデトックス効果の向上にもつながります。
入浴中には水分をかなり失うので、入浴前と後にコップ1杯の水を飲むことを心がけると良いでしょう。
最後に寝る前の水分補給も大切です。
寝ている間に失われる水分を先に補っておくことで、水分不足を防ぐことができます。
このように、飲む水分不足になる前にこまめに水を補給することが、体に良い水の飲み方と言えます。